未分類

世界遺産石見銀山群にある名湯

f:id:hyogonodaigakusei:20180330230633p:image

三江線江津駅から湯泉津駅まで15分

今回の目当ては湯泉津温泉

由緒

16世紀に石見銀山が発見開発されると

銀を積み出す港になったので

銀山で働く人の湯治場になったと言われています。

 

f:id:hyogonodaigakusei:20180330222343j:image f:id:hyogonodaigakusei:20180330222509j:image f:id:hyogonodaigakusei:20180401214103j:image

湯泉津駅を出て左側を見ると

湯泉津温泉の入り口が見えます。

歩くとかなり時間がかかりそうだなと思い

 

今回はバスを利用

バスは140円で利用できます。

f:id:hyogonodaigakusei:20180330222943j:image

バスに乗ると5分ほどで着きます。

f:id:hyogonodaigakusei:20180330223352j:image

まずは薬師湯に入りました。

温泉の湧泉形態は自然湧出

薬師湯は明治時代にあった地震でできた

湧泉を利用してます。

中性の温泉です。

泉質は塩化物泉で保温効果抜群!!

温度は40度後半でかなり熱かったです!!!!

 

f:id:hyogonodaigakusei:20180330223154j:image

このレトロな建物では

食事ができます。

 

f:id:hyogonodaigakusei:20180330224035j:image

朝原才市像

この方は湯泉津で船大工や下駄職人で生活していて、晩年には句を書いていたそうです

f:id:hyogonodaigakusei:20180330223439j:imagef:id:hyogonodaigakusei:20180330223527j:image f:id:hyogonodaigakusei:20180330223632j:image

湯泉津温泉の街並み

赤煉瓦が特徴で国重要伝統的建造物群保存地区世界遺産石見銀山に含まれる

f:id:hyogonodaigakusei:20180330223820j:image

薬師湯の隣にあるカフェで

地元の食材を使ったカレーを食べました。

f:id:hyogonodaigakusei:20180330223923j:imagef:id:hyogonodaigakusei:20180330223747j:image

カフェはノスタルジックで

俺大正時代にタイムスリップしたんちゃうと錯覚しました笑笑